九州風雲堂販売株式会社

九州風雲堂販売株式会社

風雲堂の歴史History

九州風雲堂販売株式会社は、明治19年に創業した後藤風雲堂がルーツとなり、
昭和45年に現在の九州風雲堂販売株式会社として設立された会社です。
実に131年。九州風雲堂となってからも47年が経過したことになります。
歴史の長い会社ではありますが、常に時代の最先端である医療機器を取り扱って参りました。

明治16年 後藤 節蔵 氏 東京大学薬学科卒業
明治19年 後藤 節蔵 氏 東京神田に後藤風雲堂設立
明治22年 後藤 節蔵 氏 ドイツへ渡独
明治23年 ドイツのヒルシマン電気より最初のX線装置を輸入
明治30年 後藤 節蔵 氏 大蔵大臣 松方 正義 氏と共に欧米を巡遊
明治41年 ヒルマン社、ライニーゲル社のX線装置の独占販売権締結
大正2年 シーメンス社のX線装置販売開始
大正7年 東京電機工業を設立し、X線や医療器械の製造を開始
昭和9年 風雲堂電気製作所設立
昭和21年 後藤風雲堂 福岡支店設置
昭和38年 株式会社風雲堂福岡支店へ名称変更
昭和45年 九州風雲堂販売株式会社設立
平成10年 売上30億円達成
平成11年 佐賀営業所・佐世保営業所開設
平成12年 下関営業所・長崎営業所開設
平成18年 売上90億円達成 広島営業所・五島出張所開設
平成20年 日向出張所開設
平成21年 売上100億円達成 新社屋移転
平成22年 宮崎営業所・愛媛営業所開設
平成23年 大分営業所開設
平成24年 周南営業所開設
平成26年 大村営業所開設
平成27年 北九州営業所開設
  • 日本で初めてレントゲンの販売を始めた旨の注釈文

    日本で初めてレントゲンの販売

  • 風雲堂旧社屋

    風雲堂旧社屋

  • 三代目社長 山本 一郎

    三代目社長
    山本 一郎